アフィリエイトの準備

おおかみくん
アフィリエイトを始めたいんだけど、何から準備していけばいいんだろうか…

僕は2016年4月にサイトも持たず専業アフィリエイトを開始しましたが、それまでに色々と準備をしていました。

その準備のおかげもあって、早めにアフィリエイトで稼ぎ始めることができたのではないかなとも思っています。アフィリエイトでは作業量がとても大事なのですが、質の高い作業をするために事前に必要知識をつけておくということも同様に大事なのです。

そこで当記事では、僕がアフィリエイトを始めるまでにどういった準備をしたのかということを紹介させていただこうかと思います。とはいっても大した準備はしていませんので、話半分程度に聞くようにしてくださいね(笑)

専業アフィリエイトを始めるために準備した物

アフィリエイト 準備物

ノートパソコン(MacBook)を用意

僕はアフィリエイトを始める前に「Macbook」を買いました。

アフィリエイトを始める上では、WindowsでもMacでもどちらでも良いです。僕はMacのほうがなんとなくかっこいいという理由だけで選びました。しかしMacのほうがデザインソフトが安価で優れた物が揃っているので結果的に大正解だったかもしれません。(ただ、メモリはもっと増築すれば良かった。。)

また、僕はデスクトップよりはノート派です。どこでも作業できるというメリットがまずありますし、性能的にもデスクトップとノートはそれほど変わりませんからね。

専業アフィリエイト用の準備資金100万円

アフィリエイトは月100万稼げる

専業アフィリエイトを始める上で貯金100万円用意しました。

この「100万円」というのは半年間を無収入でも生きられるための資金ですね。アフィリエイト自体にはお金はあまりかからないので、この100万のほとんどが生活費です。(なお、貯金を削られながらアフィリエイトするストレスは半端ではありませんので、これからの人は気をつけて下さい。)

僕はサイトを持たずに0からスタートする賢者っぷりだったのですが、なんとか半年で売り上げが上がってくれましたので貯金100万で持ちこたえました。最終残高は2万円まで落ちましたが、次の月からV時回復です。

※良い子は絶対真似しないでください。

本来なら初期投資5万円もあれば十分です

エックスサーバー

アフィリエイトの初期投資

  1. サーバー料金:15000円/年(必須)
  2. ドメイン料金:1200円/年(必須)
  3. テンプレート料金:0円〜(任意)

普通にアフィリエイトをしていくのであれば、初期投資は5万円もあれば十分です。

サーバー料金/ドメイン料金さえ払えばサイトを立ち上げることができますから、ここにお金をかけることは必須ですね。オプションで有料テンプレートを買うか否かを決める程度です。詳しいサイトの作り方は(たった30分あればできる!超簡単なアフィリエイトサイトの作り方)に記載していますので、こちらを参考になさってみてください。

他にも知識をつけるために書籍などを買うならお金が入りますが、それほど大きな額にはならないでしょう。僕のように100万円も用意する必要は絶対にありませんのでご安心を(笑)

アフィリエイトを始めるために準備した知識

入れておいた知識

  1. アフィリエイト基礎
  2. サイトの作り方
  3. サイトデザイン
  4. SEO対策
  5. マーケティング
  6. ライティング

専業アフィリエイトを始めるまでに、入れた知識はこんな感じです。網羅的には拾っているかもしれませんが、大した知識は入っておらず、最低限の基礎知識しか入っていません。

特にSEOに関しては2016年6月頃までキーワードの狙い方をあまり知らなかったし、「共起語」という言葉の意味すらろくに分からないお粗末なレベルでした。。それでも何とか稼げていますw

ただ、サイトデザイン/マーケティングに関しては有用な知識は入っていたかもしれません。こういった部分を強化しておいたおかげで、少し稼ぎやすかったというのはあるでしょうね。

ではどのような手段でインプットをしていったのかを、これからご紹介しようと思います。

アフィリエイトの初心者用サイトを読み漁った

アフィリエイト野郎

まずやったことはアフィリエイト初心者向けサイトを読み漁ったことですね。

その中でも本当に参考になったのはパシさんの「アフィリエイト野郎」でした。これでもかというくらい網羅的にまとめてくださっていたので、初心者の僕は食い入るように参考にさせてもらったのを覚えています。サイト開設の方法・SEO対策の超基礎・ASPの基礎知識などを学ばせていただきました。

あとは実際のアフィリエイトサイトを見つけて、どういった文章を書いているのか、どういった商品を売っているのかを見ていたくらいですね。

ただ、ネット上からの情報収集には限界がありますので、足りない知識は書籍などから補充していきました。

書籍から不足分の知識を入れた

アフィリ本のおすすめ

ただ、さすがにネットだけの情報収集では足りなかったので、アフィリエイトに関連しそうな書籍を読み漁りました。

特にマーケティング&ライティングのノウハウを補強したかったので、そういった関連の本をよく読んだことを覚えています。その中でも僕がおすすめしたい書籍だけ簡単にピックアップしておきましょう。

ドリルを売るなら穴を売れ

マーケティング基礎はこれ一冊でわかります。

いかに「ターゲットを絞り、お客さんに価値を売っていくのか」というのはアフィリエイトでとても大切になるポイントですから、これが身につくための良いヒントになる本ですね。この本が僕のアフィリエイトに与えた影響はかなり大きいです。

買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則

こちらはマーケティングを意識したライティング書です。

ドリルを売るなら穴を売れを読んだ上でこちらを手にしてもらうと、内容がよりスッと入ってくるはずなのでオススメです!内容は割と重複しているので、切り口を変えた復習本のような形で使用してもらうと理解が深まるはずです。

売上が上がるキャッチコピーの作り方

こちらはマーケティングを意識しつつ、キャッチコピーにフォーカスを置いた一冊。タイトルキャッチは大事ですので、これも読んでおくと良いでしょう。

実際にアフィリエイトする場合にはSEOも気にしながらタイトルをつけるので、キャッチコピーは活かさないケースもあるのですが、それでも何か良いヒントが得られる一冊だと思います。

沈黙のWebライティング

こちらはSEOのプロである「WEBライダー」の松尾さんが手がけるライティング本で、さらなるステップアップを目指す方におすすめな本です。

アフィリエイト目線でライティング方法が詳しく書かれており内容はとても専門的かつ具体的ですが、漫画のような形式を取ってくれているのでスラスラと読めてしまいます。マーケティングの基礎を抑えて実践した上で、読んでいくととても効果的な一冊です。

SEOの知識は賢威SEOマニュアルで学んだ

賢威7

SEOの知識は「賢威」に付属しているSEOマニュアルで学びました。(これはアフィリエイトを実践しながら学びました。)

ネットにもSEOの知識はまちまちと落ちていますが、全貌を掴むならこの賢威SEOマニュアルがやはり最強です。

賢威SEOマニュアルは「沈黙のWEBマーケティング」「沈黙のWEBライティング」でも有名なWEBライダー松尾さんが手がけているものなので、品質的にも間違いなく一流の物です。281ページもあるので読破は大変でしたが、何度も読み返しましたし、実際に今のSEOにも生きている部分はかなり多いですね。

賢威は24800円とぶっちゃけ高いんですけれども、テンプレートセットでこのマニュアルが手に入ると考えたら買う価値は十分アリです。これからSEOを学んでいきたい人には是非手に入れてみてください!

サイトデザインはスクール&独学で学んだ

webデザインスクール

サイトデザインはWEBスクール&独学で学んでいきました。

「デザイン技術は差別化になるし、絶対いるだろう」と僕は思っていました。僕自身、サイトを見るか否かはサイトの見た目で決める場合が多々あったので、サイトデザインの技術は絶対に欲しかったんですよね。

ただデザイン書を読んでもやり方が分からなすぎてくすぶっていたんですけれども、パートナーが「絶対スクール行った方がいい」と後押しをしてくれたので、ちゃんとWEBデザインスクールに通うことにしたのです。2週間の短期集中でしたが、おかげさまできっちり基礎が身につきました。その後みっちり独学をして今に至ります。

ちなみに通っていたスクール&おすすめスクールは以下の通り。

  1. ナガセWebスクール:僕が通ったスクール
  2. Webキャンプ:東京ならここがおすすめ
  3. TechAcademy:オンラインスクールという選択肢

僕は大阪だったのでWEBスクールが近くにありましたが、地方に外れると途端に大手スクールは無くなります。

そういった人はオンラインスクールを活用するのもアリかもしれませんね。オンラインスクールなら、10万円程度の料金でもWordPressの基礎は学べますのでおすすめです。通う時間がない人・スクールが近くにない人は、こういったサービスも活用してみてくださいませ。

【注意】インプットはほどほどに。実践がやはり大事

アウトプットが大切

専業アフィリエイトを始めるまでにこれだけ用意周到に準備をした僕でしたが、結局はアフィリエイトを始めてからの方が学んだことが多かったです。

やはり初心者用サイト/書籍から得られる情報は限界があります。漠然とした理解はできるかもしれませんが、どうやったら売れるのかを理解するのは難しいでしょう。

しかし実際にサイトを作っていくと、どういった記事が売れるのか、どういった訴求が刺さるのか、どういった商品が売れるのかといったことが少しずつ少しずつ分かってきます。

だから何よりも手を動かして実際に始めてみることが大事なんですよね。僕は専業資金を貯めるために1年以上のインプット期間を持っていましたが、そんな長い期間はやはり必要ありません。

インプット作業ももちろん大事ですが、ある程度までいくと飽和状態になりますので、そうなったら早めに始めてしまうのが吉です。インプットでがんじがらめになると、ただのノウハウコレクターになってしまいますからね。。初心者さんはそうならないように気をつけて、手を動かしていきましょう。

まとめ

アフィリエイトの準備

僕が専業アフィリエイトを始めるまでに行った準備のまとめでした。

いろいろと準備をしてみましたが、やはり大した準備はしておりません。強いて言えばWEBデザインの勉強をしてから始めたのが大きかった程度です。

僕は資金を貯める必要もあって1年以上インプット期間を持っていましたが、これらは半年もあれば十分に得られる知識だったと思います。しかも僕がアフィリエイト初心者の頃に困ったことはすべて当サイトにまとめていますから、当サイトの情報+書籍だけでも、アフィリエイターになるための必要知識は十分に獲得できます。

だからあとは手を動かしてアウトプットしながら覚えていくだけなんですよね。

結局は黙々と継続して作業するかどうかで、稼げるか否かは決まってきます。最初は質よりも量です。とにかく手を動かして記事を書き、文章の分かりやすさや訴求力、売るために必要なSEO対策の方法を学んでいきましょう。