エックスサーバー

この記事では「XSERVER(エックスサーバー)」を使ってサイト開設する手順を1からすべてまとめていきたいと思います!

XSERVERは、月1000円という低価格で利用できるレンタルサーバーで、高性能&高安定なサイト運営ができるのが魅力です。

ひつじくん
XSERVERはサーバー稼働率がすごくいいから、安定したサイト運営をしたいなら凄くおすすめだよ!
おおかみくん
なるほどなるほど!

XSERVERは2004年から運営されている老舗のサーバーというだけあって、新興サーバーよりも不具合などが凄く少なく、サーバーの安定性も高いです。しかもサイトの表示も速い。

この”ひつじアフィリエイト”のサイトも「高速で安定した運営」を重視しているので、XSERVERを利用して運営をしています。

では、このXSERVERでサイトを作っていく流れをご説明いたしましょう。

XSERVERでWordPressサイトを作る方法!

サイト作りをするための流れは以下の通りです。

サイト作りの流れ

  1. XSERVERの契約をする
  2. 独自ドメインを取得する
  3. WordPressをインストールする

つまり「XSERVER」と「独自ドメイン」と「WordPress」の3つを使えば、自分のサイトを立ち上げてアフィリエイトを始めることができるのです!

流れを図解をするとこんな感じですね。

その流れは意外と簡単なので、早い人なら1時間もあれば、サイトを作ることができてしまうと思います。では、これらの方法についてお話をしましょう!

【Step1】XSERVERを契約しよう!

【1】申し込みスタート!

まずはXSERVERの公式ページを開いて申し込みをスタートしましょう!

画面右に「お申し込みはこちら」というボタンがありますので、クリックして登録へ進みます。

【2】新規申し込み

まだサーバーIDを持っていないので、「新規お申込み」をクリックして進みましょう。

【3】サーバーIDを決める

では、サーバーIDというものを決めます。

このID名を元に初期ドメイン(〇〇.xsrv.jp)が決まりますが、このドメインはテスト用以外にはあまり使わないので(別で独自ドメインをとって運用するため)、基本的にIDはなんでも構いません。お好みの文字列を入力していただければいいでしょう。

【4】プランを選ぶ

プランは「X10」を選んでおきましょう。

X10・X20・X30の違いは「サーバー容量」「MySQLの数」「転送量」あたりですが、処理能力は3プランで違いはありません。X10で十分です。

後からプラン変更(X10→X20)することもできるので、ここは迷わずX10を選んでおいてください。

【5】会員情報を入力

あとは会員情報をざっと入力して、確認画面へ進みます。

注意点として「メールアドレス」はきちんと受け取れるものにしておきましょう。アカウント情報が送られてきます。

【6】仮登録完了

内容に間違い確認がないか確認して「お申し込みをする」のボタンを押しましょう。これで仮申し込みは完了です。

【7】XSERVERにログインする

XSERVERにログイン

では「エックスサーバーのログイン画面」を開いてログインしてみましょう。

「メールアドレス」の他に「インフォパネルパスワード」が必要ですが、これは登録時の自動返信メールに記載されています。

【8】料金の支払いへ

XSERVERにログインしたら、さっそく「料金のお支払い」をやっておきましょう。

無料期間があるからまだ大丈夫じゃない?と思うかもしれませんが、この試用期間は一瞬でなくなりますし、支払いを忘れるとまた1からやり直しになって2度手間を踏んでしまいます。

せっかくログインしたんですから、この機会に本申込もさっと済ませてしまいましょう!

【9】支払いするサーバーを選ぶ

サーバーご契約一覧というところに試用中のサーバーがありますので、左のチェックボックスにチェックを入れて、「お支払い方法を選択」をクリックします。

【10】カード払いが楽なのでおすすめ!

料金の支払い方法ですが、圧倒的に楽なのはクレジット払いです。

この支払いのときに「自動更新設定を行う」にチェックを入れておくと、今後は勝手に引き落としてくれるので、払い忘れでサーバーが止まってしまうことを防げるのでおすすめです!

【Step2】独自ドメインを取得しよう!

独自ドメイン

ここまででエックスサーバーには契約は完了しましたが、まだサイトは完成していません。

サイトを作るには「独自ドメイン」の取得が必要なのです。

おおかみくん
独自ドメイン??

独自ドメインというのは、自分専用(独自)のサイトアドレス(ドメイン)のことで、例えばこのサイトだと「hituji-affiliate.com」となっていますね。

このURLは年間1000円くらいで契約することができます!こちらは非常にリーズナブルですね。

おおかみくん
で、独自ドメインはどうやって取るんだ?
ひつじくん
これは「Xdomain」で取得するのが一番いいね!

この独自ドメインですが、エックスサーバーとの親和性も良いのが「Xdomain」というサービスです。

手間のかかるDNS設定を簡単に済ませられますし、料金も安いので、基本的に僕はエックスドメインから取得するようにしていますし、絶対的にこちらがおすすめです。

【1】Xdomainの公式ページを開く


では「Xdomainの公式ホームページ」を開いてください。

では、実際にドメインの取得を始めていきましょう!

【2】取得希望のドメインを検索!


エックスドメインの公式ホームページを開くと、右上に検索窓があります。

ここで欲しいドメインが取得できるのかを検索しましょう。もし希望のドメインアドレスが他の人と被っていたら取得できませんが、自分しか希望していないものであれば取得することができます。

ちなみに「ドメイン名の決め方」については別記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

【3】ドメインの末尾を選ぶ

ドメインの末尾に関しては、「.com」「.net」「.info」などいろいろありますが、自分の好きなものにすればいいかと思います。どのドメイン末尾でもサイトの評価に影響したりすることはありませんので。

(ちなみに僕は.comにしています。特にこだわりがなければ.comでいいかと。)

【4-1】エックスドメインの会員登録へ

【4-2】エックスドメインに会員登録へ

【5】エックスドメインの支払い設定

【6】最終確認

これで独自ドメインの取得は完了です!

【Step3】独自ドメインの「ネームサーバー設定」をする

ここまででXdomainでのドメイン取得ができましたが、XSERVERでつかうためには「ネームサーバー設定」というのが必要になります。

ひつじくん
ネームサーバー設定をすると、今買ったドメインをXSERVERで使えるようになるということだね!
おおかみくん
なるほど。それはやらないといけないな。

ネームサーバー設定の手続きは簡単ですので、それを一緒に確認して進めていきましょう!

ドメイン管理を開く

ひつじくん
まずは取得したドメインの管理画面を開くよ!

エックスドメインで新規取得したドメインの管理画面を開きましょう。エックスドメインのトップページから、「ドメイン管理」をクリックします。

ネームサーバーを変更する

ひつじくん
ネームサーバーを「エックスサーバー」に変更すれば手続き完了だよ!

ここでネームサーバーの変更を行います。「ネームサーバー変更」をクリックして次の画面に進んでください。

ネームサーバー変更

現在はエックスドメインでしかドメインを使えなくなっていますので、これを「エックスサーバー」に変更して更新しましょう。これでエックスサーバーでドメインを使うための準備が整いました!

エックスサーバー

【Step4】XSERVERに独自ドメインを登録しよう!

あとはXdomainで取得した独自ドメインを、XSERVERに登録すると使えるようになります。その設定もやってしまいましょう!

【1】サーバーパネルにログイン

XSERVER-サーバーパネルログイン

まずは「XSERVERのサーバーパネル」にログインしましょう。

ログインパスワードはXSERVERに登録した際の自動返信メールに記載されていますので、これを確認して入力します。

【2】ドメイン設定へ

XSERVERのドメイン設定

サーバーパネルを開くと「ドメイン設定」という項目が見つかりますので、これを開きます。

【3】ドメイン設定完了!

「ドメイン設定の追加」のタブを開くとドメイン登録画面が現れますので、取得していた独自ドメインのURL(〇〇.com)を入力しましょう。

その後「無料独自SSL」にチェックが入った状態で「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックすれば完了です。

なお「高速化・アクセス数拡張機能を有効にする」のチェックは入れない方がサイト作りがラクだと思います。キャッシュが効いてデザインが反映されなかったり、崩れる原因となるので、サイト作りが完了してからONにすることを推奨いたします。

【Step5】XSERVERでWordPressをインストール


ドメインを購入し終えたら遂に自分専用のサイトが表示できるようになります…!

ここまで長かったですねぇ。(なお、エックスサーバーに登録されたドメインが反映されるまでには半日〜1日程度の時間がかかりますので注意してくださいね。)

おおかみくん
やっとここまで来れたのか(うるうる
ひつじくん
あ、そうそう。ドメインが反映される前に、WordPressのインストールをしておこうよ

WordPress(ワードプレス)とは、これからサイトを作っていくためのツールです。

記事を書いたり、デザインするのはすべてWordPress上で行います!ひとまず難しいことは置いておいて、設定して見ましょう!

【1】サーバーパネルにログイン

XSERVER-サーバーパネルログイン

まずは「XSERVERのサーバーパネル」にログインしましょう。

ログインパスワードはXSERVERに登録した際の自動返信メールに記載されていますので、これを確認して入力します。

【2】WordPress簡単インストールを選択

ひつじくん
サーバーパネルを開いたら、左下にあるWordPress簡単インストールをクリックしてみて!
おおかみくん
自動インストール…あった!これだな!

「WordPress簡単インストール」の項目をクリックしましょう。そうするとWordPressをドメインに読み込ませるためのページに移ることができます。

【3】インストールするドメインを選ぶ

WordPressをインストールしたいドメインを選びましょう。

【4】インストール情報を入力

WordPressインストール

上の画像を参考に、WordPressのインストールに必要な情報を入力していきましょう。

「サイトタイトル」や「キャッチフレーズ」は後から自由に変更できますので、ここは迷う必要もそれほどありません。

「ログインID」と「パスワード」は、これからWordPressにログインするときには必要になりますので、これは忘れないように控えをとっておきましょう。

【5】警告文は気にせず、インストール完了

ひつじくん
ちなみに最後にでてくる警告文は無視しても大丈夫だよ!

インストールを選択すると「index.html」が削除されますがよろしいですか?という警告文が出てきます。

一瞬ドキッとさせられますがこれは問題ありません。index.htmlはただの白紙ページなので、これが削除されて塗り替えられたところで何も問題はないんです。構わずインストールしてしまいましょう!

おおかみくん
インストールインストール!!

ここまででWordPressのインストールが完了ですね!

※ ここからWordPressが反映されるまで半日ほどかかることがあります。しばらくログインできないかと思いますが、ご安心ください。

【6】WordPressのログイン画面を開く

スクリーンショット 2017-07-04 0.42.31

WordPressのインストールが完了したら、WordPressの管理画面へログインをしてみましょう!

ログインの方法は簡単で、

〇〇〇〇.com/wp-admin/ (〇〇〇〇に自分のサイトのアドレスを)

とgoogleの検索画面に入力してあげてください。

そうすると、WordPressのログイン画面が開きますので、先ほど設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力してあげましょう!

なお、XSERVERでドメイン設定をした直後はまだページが反映されていない可能性があります。その場合は半日〜1日待った上で、再トライしてみましょう。

WordPressにログイン

これでWordPressへのログインが完了です!

おおかみくん
おお!!これが俺の初サイト!
ひつじくん
おめでとう!そしてお疲れさまだね!

まとめ

ウェブサイト

本当におつかれさまでした!これでWordPressでのサイト開設は完了ですね。

ここからは、WordPressを使って「サイトデザイン」と「記事作り」を始めていきましょう!

こういった書籍も参考にしながら、サイトを作って行って見てくださいね。では、Step3のサイトデザインに駒を進めましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で