自分のサイトを作るには「レンタルサーバー」がまず必要です。

レンタルサーバーにも色々な種類があるのですが、そのなかでも「XSERVER」は処理能力と安定性が高く、とても多くのアフィリエイターに選ばれるサービスとなっています。

ひつじくん
アフィリエイトを始めるならXSERVERにしておけばまず間違いないよ!
おおかみくん
じゃあやり方を教えてくれ!!

では「XSERVERにどうやって申し込みをするのか」について、ここではわかりやすく解説したいと思います。

\サイトデザインを思いのままに!/

JIN

15分でできる!XSERVERの申し込み方法

【1】申し込みスタート!

まずは「XSERVERのトップページ」を開いてください。

画面右に「お申し込みはこちら」というボタンがありますので、クリックして登録へ進みます。

【2】新規申し込み

まだサーバーIDを持っていないので、「新規お申込み」をクリックして進みましょう。

【3】サーバーIDを決める

では、サーバーIDというものを決めます。

このID名を元に初期ドメイン(〇〇.xsrv.jp)が決まりますが、このドメインはテスト用以外にはあまり使わないので(別で独自ドメインをとって運用するため)、基本的にIDはなんでも構いません。お好みの文字列を入力していただければいいでしょう。

【4】プランを選ぶ

プランは「X10」を選んでおきましょう。

X10・X20・X30の違いは「サーバー容量」「MySQLの数」「転送量」あたりですが、処理能力は3プランで違いはありません。X10で十分です。

後からプラン変更(X10→X20)することもできるので、ここは迷わずX10を選んでおいてください。

【5】会員情報を入力

あとは会員情報をざっと入力して、確認画面へ進みます。

注意点として「メールアドレス」はきちんと受け取れるものにしておきましょう。アカウント情報が送られてきます。

【6】仮登録完了

内容に間違い確認がないか確認して「お申し込みをする」のボタンを押しましょう。これで仮申し込みは完了です。

【7】XSERVERにログインする

XSERVERにログイン

では「エックスサーバーのログイン画面」を開いてログインしてみましょう。

「メールアドレス」の他に「インフォパネルパスワード」が必要ですが、これは登録時の自動返信メールに記載されています。

【8】料金の支払いへ

XSERVERにログインしたら、さっそく「料金のお支払い」をやっておきましょう。

無料期間があるからまだ大丈夫じゃない?と思うかもしれませんが、この試用期間は一瞬でなくなりますし、支払いを忘れるとまた1からやり直しになって2度手間を踏んでしまいます。

せっかくログインしたんですから、この機会に本申込もさっと済ませてしまいましょう!

【9】支払いするサーバーを選ぶ

サーバーご契約一覧というところに試用中のサーバーがありますので、左のチェックボックスにチェックを入れて、「お支払い方法を選択」をクリックします。

【10】カード払いが楽なのでおすすめ!

料金の支払い方法ですが、圧倒的に楽なのはクレジット払いです。

この支払いのときに「自動更新設定を行う」にチェックを入れておくと、今後は勝手に引き落としてくれるので、払い忘れでサーバーが止まってしまうことを防げるのでおすすめです!

まとめ+α|独自ドメインを登録しよう

rp_2016-09-20-16.57.06.png

これでXSERVERを使っていけるようになりました!

あとは独自ドメイン(自分のサイトURL)を取得してXSERVERに設定してあげると、自分のサイトを表示できるようになります。

独自ドメインの買い方 – その1

一番ラクなのが「XSERVERでドメインも買ってしまう」という方法で、煩わしい設定が一切不要で最速で使っていくことができます。

ドメイン更新費用が少しだけ高い(年間1500円ほど)がデメリットですが、初心者さんならまずは「XSERVERでドメインを取得する方法」をとって、挫折なく済ませてしまうのもいいと思います。

独自ドメインの買い方 – その2

二番目にラクなのが「Xdomainでドメインを買う」という方法です。

XSERVERの系列店で、XSERVERへドメインを設定するのがラクなのが大きなメリットです。ドメインの中でもオーソドックスでおすすめな「.com」の値段が比較的安い(年間1200円ほど)のもいいですね。

少しだけ手間はかかりますが、更新費の安さを重視するなら「Xdomainでドメインを取得する方法」がおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で