冒頭文を考える女性

記事を書く上で一番大事な部分は「冒頭文(リード文)」だってご存知でした?

冒頭文(リード文)とはまさに今あなたが読んでいるこの部分です。この冒頭を流しがちな人っていると思うんですけど、実は「読者の悩みへの共感」や「悩みの解決策を提示」したりするの非常に大切な要素なんです。

おおかみくん
え、冒頭なんて俺いつもテキトーに流してたんだけど。
ひつじくん
いやいやそれではもったいないよ。ちゃんと読者の心を掴む冒頭にしておくと、本文もきっちり読んでもらえるからね!

この冒頭部分をきちんとしておくことで、読者の心をググッと惹きつける記事に仕上げられます。だからこそ、きっちりとした書き方を確立させておきたいですよね。

ではその冒頭の書き方のコツというのを、この記事ではご紹介させていただきましょう!

リード文(冒頭文)の役割

リード文には「読者の悩みに共感する」「悩みの解決策を提示する」という2つの大事な役割があります。この2つを行っておくだけで、読者の信頼をつかみ、商品が売れやすくなる記事へと仕上げることができるんです。

その具体的な方法を例を交えながらお話しさせてもらいますね!

読者の立場に共感する

読者の悩みに共感する

まず大切なのが読者の立場にしっかりと共感の姿勢を示すことです。

例えばあなたが「格安SIM」を売りたいとしましょう。サイト作者のあなたとしては格安SIMについてよく精通している状態ですが、読者としては「格安SIMについて全然わからないから助けてほしい」という状態なのです。

まずはこのギャップを埋めるために「共感」というテクニックを使っていきます。

共感するテクニック例

格安SIMは「スマホを安くできるサービス」っていうのは知ってるけど、深い内容になるとよくわからないという人は多いですよね。SIMとかSIMフリーとかよくわからない言葉ばかりなので、難しいイメージを持たれるのも無理はないかと思います。

こんな感じで読者の悩みを察して、それに共感する姿勢を示すのです。

そうすると読者としては、「この記事を書いてる人は僕のことよくわかってくれてるんだな」と感じるのです。

すると記事の作者を少し信頼できるようになるので、記事の続きを読みたくなるし、この記事が紹介する商品なら買っても大丈夫かもしれないという安心感を与えることにもつながります。

悩みの解決策を提示する

読者の悩みを解決する

先ほどは格安SIMってなんだか難しいという共感を示していましたよね。これで読者の信頼は少し掴めてきました。

なのでここからは「この記事を読めばその悩みは解決されるんですよ」という風に話をグルッと覆しにいきます。

悩みの解決策を提示

でも格安SIMって意外と難しいことではないんです。これから紹介する方法さえ知っていれば、誰でも簡単にスマホ代を安くすることができてしまうサービスなのですよ!

そこでこの記事では、格安SIMでスマホ代を安くする簡単な方法について詳しく紹介させていただきましょう!

このように、「格安SIMは難しそう」という悩みに共感した上で「記事を読めば悩みは簡単に解決できる」という風に一気に覆します。

そうすると読者としては「僕の悩みも解決できるのかもしれない!」という期待感が湧いてきますし、記事の作者がとても心強く感じますね。

その結果として記事をしっかり読んでもらえますし、記事の成約率だって高まってくるはず。だからこそ冒頭のつかみというのは大事なんですよね。

まとめ

リード文のポイント

  1. 読者の立場に共感する
  2. 悩みの解決策を提示する

リード文で意識したいのはこの2つのポイントだけです。

特に大事なのは「共感」ですね。簡単なテクニックなんですけれど、これを忘れがちな人はとても多いように感じます。

まずは読者の立場にしっかりと共感を示しましょう。それだけでも「この記事の言うことは信頼できるかもしれない」と思ってくれますので、読者が続きを読みたくなる記事になるのです。

しかし逆に、共感の姿勢を見せていない状態で「俺の今から言う方法はすげーから着いて来い!」とだけ言われても、多くの読者は戸惑ってしまいます。自分の書きたいように書くブログならそれでもいいのかもしれませんけれど、アフィリエイトをする上では相手の立場を思いやってこそ売れる文章に仕上がります。

だからこそ、相手の悩みにしっかりと寄り添って共感した上で、それに対する解決策があるということを示してあげましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で