ビッグワード/ミドルワード/スモールワード

おおかみくん
ビッグワードとかミドルワードっていったいなんなんだ?

アフィリエイトの知識を仕入れていると度々「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」という言葉に出くわすと思いますが、これはいったいなんなんでしょうね?

この記事ではわかりやすいように「脱毛」というジャンルを例にして、「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」についてお話をさせてもらいましょう。

キーワードの分類はこの3つ!

ビッグワードとは?

ひつじくん
キーワードの検索ボリュームによる分類だよ。ビッグは検索が多いキーワード、スモールは検索が少ないキーワードだね。

「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」とはキーワードの分類のことですね。分類の基準はキーワードの検索される量(ボリューム)によるということです。

  1. ビッグワード:多くの人が連想するキーワード
  2. ミドルワード:ビッグとスモールの中間
  3. スモールワード:個人のニーズが反映されたワード

大きく稼げるけど強敵揃いな「ビッグワード」

ビッグワードとは検索ボリュームの多いテーマワード単独(もしくはテーマ単独+α)のことです。例えばこんな感じ↓

  1. テーマワード単独:脱毛、青汁、クレジットカード、水素水…
  2. テーマワード+α:「脱毛 おすすめ」「青汁 メリット」「クレジットカード 比較」

このビッグワードでサイトを上位に表示させるのはかなり難しいんです。

例えば「毛が濃くなってきたから脱毛したいな〜」と思ったら何て検索しますか?「脱毛」「脱毛サロン おすすめ」「脱毛サロン 比較」「脱毛 デメリット」といったキーワードで検索しません?

つまり「脱毛」というビッグワード単独か、「脱毛+α」で検索をされることが多いってことです。これらのキーワードで上位10位に入れば、アクセスをドッと集めることができるので、報酬ががっぽり貰えるというわけです。(月に100万以上も十分に狙えます。

おおかみくん
なるほど、ビッグワードは凄く稼げそうだな。じゃあ尚更ビッグワードで狙う方が良くないか?
ひつじくん
ビッグワードはその分かなりの強敵ぞろいだし、後から参入した人はよっぽどサイトを育ててからじゃないと勝てないよ。

ビッグワードを狙おうとしても上位には企業レベルで取り組んでいるサイトもあるので、それらを薙ぎ倒すのはかなり至難の技です。なので、アフィリ初心者がビッグワードを狙って攻めるのはおすすめできません。

おおかみくん
なるほど…確かに会社ぐるみの奴らや古参の奴らにはなかなか勝てる気がしないな。

強豪を避けられる「ミドルワード」を狙ってサイトを作れ!

おおかみくん
…じゃあ脱毛では戦えないのか?
ひつじくん
いや、ビッグワードを避けてやればまだまだ戦えるポジションはあるはずさ。それがミドルワードだよ。

先ほどのビッグワードは激戦区ですが、直接対決を避ければ十分に戦える場所もあります。それがミドルワードです。

「ミドルワード」とは一定の検索数があり、少しターゲットの絞り込まれたワードです。脱毛を例にとって言えば、ミドルワードは「Vライン脱毛 おすすめ」「キレイモ 評判」「ミュゼ キレイモ 比較」といった検索ワードです。「脱毛」での直接対決を避けて、もう少し深く話をすすめた感じですね。

また、ビッグワードでは「脱毛+α」でターゲットがかなり漠然とした感じでしたが、ミドルワードではある程度ターゲットが絞られます。

  • 「Vライン脱毛 おすすめ」→Vライン脱毛がしたい人
  • 「キレイモ 評判」→キレイモに興味がある人
  • 「キレイモ ミュゼ 比較」→ミュゼとキレイモで迷ってる人
  • といった具合に、ある程度ターゲットを明確にしてサイトを作ることができます。

    ターゲットは明確な方が成約率は高まります。例えばミュゼかキレイモで迷ってる人が「ミュゼとキレイモ、どっちも試した私が2つのサービスを比較してみる!」という記事をみたら「あ、私のための記事だ!」と思ってがっつり見てくれるはずです。

    このように超強豪を避け、ターゲットを絞って勝負ができるのがミドルワードの特徴です。その分、ビッグワードよりは収入は落ちてしまう傾向にありますが、、アクセスされた時の成約率は高いです!

    おおかみくん
    なるほど、直球勝負じゃなくて変化球で勝負するのがミドルワードってわけか!

    意外と穴場?「スモールワード」

    ひつじくん
    敢えてスモールワードを狙って書くのもおすすめだよ。検索される量は少ないけど、敵が少ないから上位表示しやすいし成約率も高いんだ

    検索ボリュームは少なめだけど、敵が少ない上にターゲットがハッキリしているので報酬につながりやすいのがスモールワードの特徴です。

    先ほどのミドルワード(キレイモ 評判とか)よりも、もっともっと具体的な内容で狙っていくということですね。

    おおかみくん
    …ちょっとまた脱毛の例で説明してくれないか?

    では、また脱毛を例に取ってお話をしてみましょうか。

    例えば「花嫁姿を綺麗に見せたいから結婚式までに脱毛したい人」がいたとしましょう。この人はどういったキーワードで検索すると思いますか?

    「脱毛 結婚 間に合う?」とか「ブライダル 脱毛」とか「全身脱毛 結婚まで」とかで検索しそうですよね!

    そんな人が「花嫁姿を綺麗に見せたい!結婚式の直前でも間に合う脱毛サロンは?」という記事を見つけたら思わず飛びついて食い入るように見てくれるはずです。さらにちゃんとした内容の記事が書かれていたら、かなりの確率でサービスを使ってくれるでしょう。

    このように、ターゲットをかなり明確にイメージして記事(サイト)を作ると、一部の読者さんの心にグサリと刺さるものになります。そんな記事なら、少ないアクセス数でも多くの契約を勝ち取ってきてくれる可能性が高いです。

    おおかみくん
    なーるほど。ターゲットをかなり絞って記事を書くと少ないアクセスでも報酬が狙えるわけか!

    そういうことです。スモールワードなら強豪を避けて戦える上に、上位表示もしやすく、見てもらえた時の報酬も大きいです。だからこういったキーワードを狙って記事を書くのも十分にアリですよ!

    月5万を達成したいならどれを攻めるべき?

    ビッグワードとは?

    おおかみくん
    で、結局どのキーワードから狙っていけばいいんだろうか…?

    ひつじくん
    最初はミドル〜スモール狙いでアクセスを集めてこられるようにしていけばいいと思うよ!

    アフィリエイトで月5万を達成するなら、まずはミドル〜スモールワード(ロングテール)を狙って記事を作っていくことをオススメします。

    ミドル〜スモールワードは競合が比較的弱いところもあり、まだまだ上位表示できるチャンスが転がっています。そこで、サイト開設直後のうちはミドル〜スモールワードを積極的に狙って、アクセス数を稼いでくることを狙いましょう。

    最初はスモールワードくらいしか上位表示できないかもしれませんが、そうやって着実にアクセス数を稼いでいるとサイトの評価は少しずつ高まってきます。

    そうすると次第にミドルワードでも上位表示が狙えてきます。ミドルワードで上位表示を狙えるようになれば、ほぼ月5万の壁を越えたも同然でしょう。

    おおかみくん
    なるほど。最初はスモール・ミドル狙いでアクセスを稼いできてサイト評価を高めていくのか。
    ひつじくん
    そうだね。そうしていれば自然と月5万は稼げるようになるはずさ。月5万を超えれば、それ以上稼ぐのも楽勝だしね!

    まとめ

    ビッグワードとは?
    ビッグワード/ミドルワード/スモールワードについてでした。

    アフィリ初心者のうちはもっぱらミドル〜スモール狙いで上位表示してサイトへの流入を誘い、サイトの評価を高めましょう。そうすれば月5万は自然に達成されるし、月10万以上稼げるサイトにも育っていきます。

    アフィリを始めたばかりの頃はいろいろ分からない単語が多いので頭がパンクしそうになると思いますが、ひとつひとつ分からない単語を潰していけば、よりいっそうアフィリエイト知識のインプット作業が良質なものになるはずです。なのでくじけずに頑張っていきましょうね(笑)