Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuwp-server/hituji-affiliate.com/public_html/wordpress/wp-includes/post-template.php on line 284
記事の作成

WordPressでのブログ記事の書き方

WordPress初心者さんがまず最初に困るのが、記事の書き方ではないでしょうか?

いろんなコードが並んでいて、どうやって記事を描き進めていけばいいのか戸惑ってしまうかもしれません。

おおかみくん

WordPressを使って記事を書いていきたいんだけど、使い方がさっぱりわからないな・・。

ひつじくん

じゃあWordPressを使った記事の書き方について、簡単に説明をさせてもらうよ!

そこで、初めてWordPressを使っていく人に向けて、記事の書き方の基本について詳しく解説をさせていただきましょう!

WordPressでブログ記事を書く【準備編】

ではまず、WordPressでの記事作成の流れについて確認しておきましょう。

記事作成の流れ

  1. 投稿画面に移る
  2. エディタの種類を選ぶ
  3. 記事を書いていく

【1】記事の投稿画面へ

まず記事の投稿画面に移りましょう。ダッシュボードの「投稿」→「新規追加」をクリックします。

すると、このような「新規投稿を追加」という画面が開きます。ここで記事を作成していきます。

【2】エディタを選ぶ

記事を書き始める前に、まずはエディタを選択しましょう。

WordPressにはテキストエディタとビジュアルエディタという2種類のエディタが存在します。

動画のようにして、エディタの右上にある「ビジュアル」と「テキスト」を切り替えることで、エディタを選択することができます。

テキストエディタとビジュアルエディタ

テキストエディタはHTMLを元にして記事を出力するもので、こちらはどちらかと言えば上級者向けです。HTMLを知っている人なら使いやすいですが、そうでない人は使いにくいと言えるでしょう。

それに対してビジュアルエディタは、記事の見た目を確認しながら執筆していくことができる初心者向けのモードです。厳密なHTMLなどが組みにくい欠点がありますが、使いやすさではビジュアルエディタの方が優位でしょう。

おおかみくん

どっちを使っていけばいいんだ?

ひつじくん

まずはビジュアルエディタでいいと思うよ!

理想としてはどちらも使えた方がいいのですが、WordPressの初心者ならまずはビジュアルエディタから始めて見てもいいかもしれませんね。

WordPressでブログ記事を書く【執筆編】

あとは記事を書いていくだけですが、記事の書き方にはルールがあります。

おおかみくん

記事って、普通に文字を書いていったらいいんだろう?

ひつじくん

それでもいいんだけど、見出しタグをちゃんと使いこなした方がSEOにおいて優位に立てるよ!

ルールに基づいて書いた方が、Googleの検索上位に表示されやすくなり、ブログが読まれる可能性も高まります。

少し難しい言葉で言えば、記事を読んでもらえるように「SEO対策」をするということですね。

では、いったいどのように記事を書けばよいでしょう? 誰でも簡単にできるSEO対策を意識した

タイトルを決める

まず、タイトルにはかならず狙っているキーワードを入れましょう。

例えば、検索エンジン上で「ブログ 本 おすすめ」というキーワードで上位表示をされたいなら、「ブログ」「本」「おすすめ」というキーワードはかならず入れておいてください。

このように狙ったキーワードをちりばめておくと、そのキーワードで上位表示がされやすくなります。

検索ユーザーにマッチングしたコンテンツとしてGoogleに捉えられやすいですし、ユーザーにとっても自分にあった記事だとわかりやすいからですね。

おおかみくん

検索エンジンで上位表示されるとなんかいいことあるのか?

ひつじくん

それはもちろん、たくさんの読者を獲得できることだよ!そうすると広告収入も得ることができるね!

検索エンジンで上位表示されるとユーザーがたくさん入ってきてくれるので、記事は読んでもらって、広告(ASP広告・Googleアドセンスなど)での収入を得やすくなります。

見出しを作る(h2・h3・h4タグの活用)

ここからは本文を書いていきますが、本文は「見出しタグ」を活用して整理するのがポイントです。

おおかみくん

見出しタグって一体なんのことだ?

ひつじくん

h2とかh3とかのことだよ。ビジュアルエディタを使っていると見落としがちかもしれないね。

「見出しタグ」とはh2・h3・h4といったHTMLのタグのことです。

h2は大見出し、h3は小見出し、h4はさらに小見出しという役割があります。これらを使って記事を整理してあげると、読者にとって読みやすい記事に仕上がります。

さらに、これらのタグはSEO対策においても重要な役割を持っていて、上手く使えていれば検索上位を狙いやすくすることができるのです。

詳しい活用法については、別の記事で詳しく解説をしていますので、こちらも参考にしながら記事作成を進めていただければと思います。

構成を意識して記事を作る

本文を作っていく上で大事になるのは「構成」です。

大きく分けると、記事は「リード文」「本文」「まとめ」の3つのパーツで構成されます。この3つを意識して記事を作ると、読みやすい記事に仕上がります。

リード文

まとめ

WordPressでの記事の書き方について、簡単に説明をさせていただきました。だいたい要点はつかめましたでしょうか?

おおかみくん

記事を書く流れ、なんとなくわかったぞ!

ひつじくん

それは良かった!WordPressを使いこなして、どんどん記事を書いていってね!

最後は記事を書く流れまで解説しましたが、これでおおよその記事を書く流れがつかめればいいなと思い、詳しく書かせていただきました。

記事は書けば書くほど上達していきます。

最初って意外と読みやすい記事はかけないものなのですが、50記事・100記事と積み重ねるに従って、分かりやすい記事を書くことができるようになります。

ブログやアフィリエイトでは文章の読みやすさはPVや売上に直結しますので、数を重ねてライティング力を磨いていきたいところですね!