Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuwp-server/hituji-affiliate.com/public_html/wordpress/wp-includes/post-template.php on line 284
カテゴリー

WordPressのカテゴリーに親子関係を持たせて階層化する方法

WordPressのカテゴリーはちゃんと階層化していますか?

記事が増えてカテゴリーが複雑になりはじめたら、できるだけ階層化をして整理していくことがおすすめです。

ひつじくん

カテゴリーは階層化して整理してあげると、読者にとってもわかりやすいよ!

おおかみくん

なるほど、そんな効果もあるのか。

カテゴリーを階層化しておくと、ユーザーにとってサイトの構造がわかりやすくなり、目的の記事を探しやすくなります。つまり回遊率アップに貢献してくれるのですね。

また、カテゴリーの構造を検索エンジンに伝えて「こんなコンテンツ群を作ってるよ〜」とアピールすることができます。

SEO対策の「専門性」の面などで、このカテゴリに関する要素は影響していそうだなと個人的には思っていますね。

さてさて余談が過ぎましたが、ここからはカテゴリーに親子関係を持たせていく手順について詳しく解説をさせていただきましょう!

カテゴリーに親子関係を持たせて階層化

カテゴリーの編集画面へ

まずはWordPressの管理画面から、「投稿」>「カテゴリー」と進んでください。

そうすると以下のようなカテゴリー一覧が出てくるはずです。

カテゴリ編集

この画像ですと、「テストカテゴリ1」「テストカテゴリ2」「未分類」の3つのカテゴリーが存在することがわかります。

これに親子関係を持たせていきましょう!

親子関係を持たせる

では、このカテゴリーに親子関係を持たせていきましょう。

今回は「テストカテゴリ1:親」「テストカテゴリ2:子」になるように編集していきます。

その場合、テストカテゴリ2の「編集」というボタンを押して、次のようなページに進みましょう。

子カテゴリ

親子関係を持たせる

子カテゴリ(予定)の編集画面です。

ここに「親」という項目がありますよね。ここで任意の親を設定して、更新してやればOKです。

親子関係を持たせる

今回の場合は「テストカテゴリ1」を親にしたいので、それを選択してカテゴリーの「更新ボタン」を押します。

完成

その後カテゴリーを確認すると、以下の画像のようにして親子関係が組まれていることがわかるはずです。

カテゴリ親子

このようにして、カテゴリーをどんどん整理していきましょう。

当サイトもカテゴリーをかなり整理して作っていますので、よろしければ参考にしてみてください。

まとめ

カテゴリーに親子関係を持たせて階層化する方法でした。

階層化はユーザビリティを高められる上に、SEOでも有利になるので絶対にやっておくべきでしょう。

おおかみくん

オレはさっそくやったぞ!

ひつじくん

階層化したカテゴリは、サイドバーやフッターに設置してあげるとわかりやすくなるよ!

ちなみに、階層化したカテゴリーはサイドバーに設置してあげると、さらにわかりやすくておすすめです。

当サイトもサイドバーにカテゴリ階層を設置していますが、これがあるとサイト構造がわかりやすくなりますね。

宜しければこちらも参考にして、カテゴリー階層を作成してみてください。