ここでは、XSERVERのサイトをSSL化(https化)する方法について解説します。

新しくWEBサイトを取得した際には、http→httpsへとプロトコルを変換しておくことは絶対におすすめしたいです。後から変換するとなると大変ですからね。

おおかみくん
エスエス・・・エル?
ひつじくん
僕みたいにやってないとあとあと大変だよ、本当に!

その上で、SEOで有利とされる301リダイレクト(旧ドメインの評価を引き継いで移行)をしてhttps化する方法について解説したいと思います。

難しい用語は結構出てきますが、手順としてはそんなに難しくないので、マニュアル通りに進めてもらえれば大丈夫です!

\サイトデザインを思いのままに!/

JIN

XSERVERでSSL化する方法

XSERVERのSSL手順のまとめ

  1. XSERVERで独自SSLを追加
  2. WordPressで「https」を設定
  3. .htaccessから301リダイレクトをする

XSERVERで独自SSLを追加する手順は↑の通りです。

初回だと「何がなんやら・・・」といった感じだと思いますが、その場合は何も考えず記事の通り進めてもらえれば大丈夫です。

ではSSL化スタートしましょう!

【1】独自SSLを追加

XSERVERのSSL設定

XSERVERのインフォパネルにログインして「SSL設定」へと進んでください。

独自SSLを追加

XSERVERで独自SSLを追加

では「独自SSL設定の追加」のタブからSSL追加します。

SSLを追加するURLに間違いがないか確認をしておきましょう。

SSL追加完了!反映待ちの画面に

これでSSL追加が完了しました!

なお、SSL化が反映されるまでは少し時間がかかります。サイトが表示されていない場合は反映待ちの可能性があるので、もう少し待ってからアクセスしてみましょう。

【2】httpsに変更

次はWordPressにログインして、「設定」>「一般」と進みます。

すると「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」の項目がありますので、URLを「https」に書き換えましょう!

sの1文字を足すだけですね。これでサイトがhttpsでアクセスできる状態となりました。

【3】301リダイレクト

「http」ではなく「https」に訪問者に来てもらうために、301リダイレクトというものを行います。

リダイレクトというのは、旧ページ(リダイレクト元)にアクセスがあったとき、新ページ(リダイレクト先)を表示させるという方法のことです。

そのなかでも301リダイレクトというのは旧ページの評価を受け継ぎながら、新ページに流すことができる仕様のことを言います。これをSSL化の仕上げにはやっておきましょう。

XSERVERの「.htaccess」を開く

念のためコードをコピー

.htaccessは下手にいじるとサイトが真っ白になってしまいます。

でも事前に変更前のコードを保存しておくと、もし真っ白になってもコードを戻すだけで大丈夫です。安心して編集することができます。

だから.htaccessを編集する前にはかならずコードをコピーしておきましょう!

リダイレクトコードを追記

画像のようにして、301リダイレクトを行うコードを追記します。

以下のコードを追記
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

これで301リダイレクトができました!

確認のために「http://〇〇.com」と打ち込んでサイトにアクセスしてみましょう。うまくリダイレクトできていれば「https://〇〇.com」に自動で飛ばされるようになっているはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で