リード文

この記事では、WEBで文章を書く上で、とてもとても大事になる「リード文」というパートについて解説しましょう!

おおかみくん
リード文ってなんだ?
ひつじくん
リード文は、本題に入る前の導入文のことだよ!

リード文とは、まさに今あなたが読んでいるこの部分のこと。文章の本題にスムーズに繋げるための導入のことですね。

一見してなんの変哲のないパートですが、リード文は「記事の第一印象が決まる超重要な部分」なのです。

このリード文を上手く使いこなすと、記事の冒頭で読者の心をぐっと惹きつけて、本文をじっくりと読ませる下準備を整えられます。

リード文を使いこなすと?

  1. 記事の魅力が引き立つ
  2. 本題への移行がスムーズになる
  3. 商品が売れやすくなる
  4. SEO対策においても有利になる

売上にもSEOにも大きく関わる、まさにWEBライティングの要とも言える部分ですね!

では、実際にどのようにリード文を書けば売れる文章に仕上がるのか、いくつかのテクニックやマニュアルを添えて解説をしていきたいと思います。

↓ サイトデザインを思いのままに ↓

WordPressテーマ「JIN」

リード文とは?その役割と書き方

リード文の役割は「第一印象」

リード文とは、記事の一番はじめに書く「導入文」のことで、文章の本題にスムーズに繋げるためのパートです。

具体的な役割としては以下のようなものです。

リード文の役割はこちら

  1. 読者と悩みを共有
  2. 記事を読んで解決できる事を明示
  3. 読者との信頼関係を作る

記事の読者は「何かを悩みを解決したい」「何か新しい情報を手に入れたい」といった気持ちで記事を読んでいます。

読者は「この記事は役に立つのか?」をシビアに判断してますから、第一印象で役に立たなそうな記事だと判断されるとササっと離脱されてしまいます。そんな記事では商品は売れませんし、SEOにおいても不利になります。

ひつじくん
人間と同じで、文章も第一印象が大事ってこと!
おおかみくん
たしかに、印象悪い文章だったら離脱される可能性はあるな。

だからこそ、記事の第一印象であるリード文では読者の好印象を掴み、その後の文章を読みたいと思わせることが大事です。

逆に、好印象さえつかめれば、商品が売れやすくSEOにも強いコンテンツの土台ができるというわけですね。

リード文の王道な書き方の例

この記事で言えば、リード文はイラスト↑のようにして構成されていますね。

まずは読者と常識や悩みのシェアをして共感的な立場で話を進めます。その上で、この記事を読むことでどういったメリットがあるのかを提示するという流れに持っていくのが王道です。

ひつじくん
リード文に正解はないから、自分にあった書き方を模索していってね!
おおかみくん
いろいろ見て書いて、練習あるのみだな!

他にもいろんなサイトの記事のリード文を読んで、どんなリード文を書けばいいのか自分のスタイルにあったものを探していくのがオススメです。

リード文で使うべきテクニック5つ

「共感」で読者の悩みに寄り添う

まず王道テクニックとして、リード文にはターゲットにしている読者の悩みへの「共感」を添えると良いでしょう。

おおかみくん
共感が大事って、どうしてだ?
ひつじくん
共感は読者の心を掴むテクだからね!

悩みへの共感が成功すると「そう、まさにそれに悩んでる!この人よく分かってる!」と、筆者に勝手に好感を持ってくれます。

(ちょっと露骨ですが)たとえばこんな感じの文章ですね↓

共感的な文章の例!

ダイエットって、続かなくて失敗するパターンがすっごく多いですよね。私も「やろう!まず5キロは痩せるぞ!」と決めるけど、気づいたらやめちゃったが何度あったか。。

最初はやる気になって毎日欠かさずやるんだけど、なかなか結果が目に見えないし、意思が弱いのとのダブルパンチで回数もポツポツ減ってしまう。意外と、5キロ痩せるって本当に大変ですよね。

こういった文章で「そう、わかってくれてる!」と共感を得られたらこっちのもの。

読者と筆者の信頼関係ができると、読者は文章を念入りに読んでくれますし、信頼できる人からのコンバージョン率は高くなりやすいです。

もちろん共感してくれるのは読者全員ではないかもしれません。しかし、あなたが狙った人には支持されてるので、深く突き刺さる文章を読ませる準備が整います。

これが「共感」というテクニックの使い方です。リード文に必ず含ませる必要はありませんが、適切な箇所に忍ばせることで絶大な効果を発揮します。

「逆転」+「読むメリット」を伝える

リード文で重要なのは「記事を読むメリットを伝え、実践すればどういった未来が手に入るのかを想像させること」です。

どういうことか、また例を使って解説しましょう↓

読むメリットを伝える例

でも、ダイエットでなかなか結果が出ないのは、今までのやり方が間違っていたからかもしれません。

この記事に書いている「正しいダイエット法」を実践していくだけで、あなたも体をキュッと引きしめて健康的な5キロ痩せを目指せます!

結論を先にいってしまうと、まずは食事から変えるのが大切です。じつはダイエットの基礎である食事さえ間違っていなければ、痩せていく体を作ることができるんです。

このように、今までの悩み(ダイエットで結果が出ない)が、解決できる(正しいダイエット法なら痩せられる)ということを明確に伝えてあげると、読みたい!という意欲を掻き立てられます。

「視覚化」して、読みたくなる文章に仕上げる

あとは文章のテクニックというよりも、視覚的にわかりやすく伝える努力をしましょう。

「あ、なんとなくわかりやすそう」と思える記事ほど、ヒトは読んでくれるものです。具体的にはこういったものですね↓

ビジュアルで伝える!

  1. 写真やイラストでイメージを伝える
  2. 会話文を入れる
  3. 箇条書きでわかりやすく仕上げる
  4. 文字を装飾(太字・マーカー)する

このように「イラスト」や「箇条書き」も使って、文章を視覚的にわかりやすく仕上げる工夫をしてあげましょう。

やっぱり、読みたくなる文章を仕上げるには視覚的に訴えるのが一番効果的なのです。

ひつじくん
会話文を使ってあげると、視覚的にわかりやすくできたりもするよ!
おおかみくん
じゃあ、オレはひと役買ってるってことか?

逆に、文字ばかりでわかりにくそうな記事ほど、(僕のような文字アレルギー持ちに)すぐに離脱されてしましますからね。

せっかくいい文章を書いていても伝わらないので、「なんとなくわかりやすそう」と思える記事に仕上げるのはとても大事です。

「信頼」を掴むことが大切

ここまで色々なテクニックをお伝えしましたが、極論を言えばこういったテクニックがなくてもいいんです。

リード文の役割として何より大事なのは「読者との信頼関係を構築すること」ですので、これができていればテクニックがなくても問題はありません。

おおかみくん
読者との信頼関係?そんなもの存在するのか?
ひつじくん
もちろん!なんとなく信頼感がある人の文章ほど、ヒトは読んでしまうものだよ。

リード文は初対面である読者の第一印象になります。第一印象がよければ、続く本文も丁寧に読んでくれるのです。

そのためには、「共感」「逆転」「読むメリットを示す」といったテクニックを使うのも有効です。

でも「サイトデザインが好みだ」「アイキャッチ画像が素敵」「文章が読みやすい」というだけでも、読者の信頼を勝ち取れることは大いにあります。自分なりの工夫をして第一印象で読者の信頼感を掴みましょう!

リード文の書き方テンプレート【ひつじ版】

では、こういったテクニックを加味した上で「リード文の書き方テンプレート(ひつじ版)」を用意したいと思います。

以下のように「導入」→「共感」→「逆転」→「読むメリット」→「接続」という5つのパートがあることを意識して書きましょう。そうすると、誰でもわかりやすいリード文を書くことができますよ!

リード文テンプレート
【1.開始パート】

この記事では、わたし流の「5キロ痩せダイエット」のやり方を紹介します!

【2.共感パート】

ダイエットって、続かなくて失敗するパターンがすっごく多いですよね。私も「やろう!まず5キロは痩せるぞ!」と決めるけど、気づいたらやめちゃったが何度あったか。。

最初はやる気になって毎日欠かさずやるんだけど、なかなか結果が目に見えないし、意思が弱いのとのダブルパンチで回数もポツポツ減ってしまう。意外と、5キロ痩せるって本当に大変ですよね。

【3.逆転パート】

でも、ダイエットでなかなか結果が出ないのは、今までのやり方が間違っていたからかもしれません。

【4.読むメリットパート】

この記事に書いている「正しいダイエット法」を実践していくだけで、あなたも体をキュッと引きしめて健康的な5キロ痩せを目指せます!

結論を先にいってしまうと、まずは食事から変えるのが大切です。じつはダイエットの基礎である食事さえ間違っていなければ、痩せていく体を作ることができるんです。

【5.本題への接続パート】

では、そんなわたし流の「5キロ痩せダイエット」について、これから詳しくお伝えをしていきますね。

まとめ

リード文

以上「リード文の書き方」についてお伝えしました。

特に重要ではないパートだと思われがちなリード文ですが、むしろ第一印象となる大事な役目を担っています。そんなリード文書く上でのポイントは、このような感じでしたね↓

リード文のポイント整理!

  1. 読者の悩みに共感する
  2. 読むメリットを伝える
  3. 視覚的に読みやすく信頼感のある文章に

リード文は読者の信頼を掴み、その後の文章を読んでもらうための大切なパートです。

人の第一印象は出会って数秒で決まるとも言われていますが、WEBの文章における第一印象(ファーストビュー)はほとんどリード文が占めますからね。

読みたいと思わせる文章に仕上げると、成約率はアップしますし、効果的なSEO対策にもなります。今回の記事で学んだテクニックも生かしてリード文を仕上げてみてください!

↓ サイトデザインを思いのままに ↓

WordPressテーマ「JIN」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で