WordPressおすすめプラグイン
おおかみくん
ひつじくん、プラグインって入れておいたほうがいいのか?
ひつじくん
あったほうが便利だね!おすすめのものがいくつかあるから、今回はそれを紹介することにするよ!

WordPressプラグインとは、WordPressの機能を簡単に拡張できる「便利ツール」のことです。

実は、標準的なWordPressの機能ではできないことがたくさんあるんですよね。

しかしプラグインを入れておくだけで、記事の目次/お問い合わせフォームといった便利な機能が簡単につけられるんですよね。これがWordPressプラグインを利用するメリットです。

そこで今回は、WordPress利用者なら絶対に入れておきたいプラグイン10選をご用意しました。これらは僕が愛用しているプラグインで、どれもサイトを運営する上で役立つものばかりです。では、1つ1つ紹介していきましょう。

【決定版】おすすめWordPressプラグイン

WordPressおすすめプラグイン

ではおすすめプラグインを紹介していきましょう。

ちなみに今回紹介するプラグインはたった10種類だけ。プラグインは入れすぎると互いに干渉して悪影響を与えたり、サイト表示速度を遅くする元になったりもします。だから入れすぎは禁物です。

そのため、今回は本当に必須なプラグインだけを紹介させていただこうと思います。

サイト運営に必須のプラグイン

Speech bubble

speechbubble

どう考えても僕が一番お世話になっているのが「Speech bubble」という会話プラグインです。

ひつじくん
僕たちの会話は、このプラグインで作られているんだよ!
おおかみくん
え、そうなのか!?

この会話プラグインは少しだけ扱いが難しいのですが、Xserver等のFTPツールというものを使って画像を入れてあげると、キャラ同士の会話ができるようになるというプラグインです。

会話を所々に入れてあげると文章に豊かさが出ますし、内容が平易になるので、難しい内容であっても分かりやすく読者に伝えることができます。それが会話形式の最大のメリットですね。

Jetpack

ジェットパック

Jetpack(ジェットパック)はサイト情報を包括的に管理できるプラグインです。

ひつじくん
ジェットパックを使うと、アクセス状況がリアルタイムで一目瞭然になるよ!

僕は主にサイトのアクセス状況の把握に使っています。検索エンジン・SNS・外部リンク等からどれくらい程度の流入があるかは、このプラグインを入れて入れば一発でリアルタイムにわかるようになるので非常に便利です。

ちなみに有料プランを利用するとサイトのバックアップも取れるようになるそうですが、バックアップはエックスサーバーが自動で行ってくれているので頼るメリットはそれほどないでしょう。

AddQuicktag

addquicktag

AddQuicktagは記事投稿画面に便利なタグを追加してくれる必須プラグインです。

WordPressのデフォルト記事執筆画面だと「h2」「h3」といった大事なタグも入ってなかったりしますが、このプラグインを使えば簡単にそれらのタグを追加していくことができます。

ひつじくん
よく使うタグは全部AddQuicktagに登録しておこう!

もちろん、h2など以外にも色々なコードが登録可能なので、自前で書いたHTMLなども登録しておくこともできます。僕は会話用のショートコード・マーカーHTMLやオリジナルボックスのHTMLなどを放り込んで、すぐに使えるようにしています。

おおかみくん
なるほど、それなら記事作成が捗りそうだ!

素早く記事を仕上げていく上ではこのタグ活用はすっごく大事になってきますので、このAddQuicktagも必ず利用するようにしておきましょう。

Table of Contents Plus

contentsplus

Table of Contents Plusは、自動で以下のような目次を作ってくれるプラグインです。

TOC+

おおかみくん
見出しがあると見やすくていいな!
ひつじくん
賛否あるけど、僕はあった方がいいと思うよ!

これは当サイト(当記事)でも導入されていて、見出し(h2・h3・h4)に合わせて目次を自動作成してくれています。

目次があると読者としては分かりやすいですし、読みたい部分にすぐに飛ぶこともできるので、ユーザービリティも高まります。実際、ヒートマップで分析してみると、目次はかなり見られていますし、読者の気になった項目は積極的にクリックされています。

簡単にユーザビリティを高めてくれるプラグインですので、導入する価値は絶対ありです!

TablePress

tablepress

TablePressはテーブルを簡単に作成できるプラグインです。

ひつじくん
表があると情報が読みやすくなって便利だよ!

表は複雑な情報・サービス比較も一目瞭然にできるので、ユーザーの理解を深めやすいという特性があります。特に2商品を比較するような場合には大活躍してくれますね。

さらにテーブルに情報をうまくまとめてあげると、SEOでも評価される傾向がありますね。実際、テーブル+解説文がGoogle検索結果に抜粋されるようなこともあります。

このプラグインを使えば簡単にテーブル作成はできますので特にオススメですね。

Contact Form 7

contactform7

Contact Form 7はお問い合わせフォームを作ることができるプラグインです。

おおかみくん
お問い合わせって・・・必要なのか?
ひつじくん
あったら読者とつながれるし、広告主とコンタクトを取れるときだってあるよ!

「お問い合わせなんて必要なのか?」と思うかもしれませんが、ユーザーからの質問を受け付けることができたり、ASPや広告主から直接オファーが入ることもあります。サイトの信頼性にもつながりますので、お問い合わせページは必ず作っておきたいところです。

このContact Form 7を使えば簡単にお問い合わせフォームを作ることができますから、ぜひ導入しておきましょう!

サイトの高速化系プラグイン

EWWW Image Optimizerの使い方

ひつじくん
次はサイト高速化に役立つプラグインを4つ紹介するよ!

サイトを便利にすることも大事なんですけど、サイトを高速化することも同時に大切になってきます。

いくらサイト内に良い情報が入っていても、ガチガチに重いサイトなんて誰も見たいとは思いませんし、開く前に離脱されてしまいます。そうなるとGoogleの評価はガクッと下がってしまいますので、SEO面でもよろしくないですね。

おおかみくん
確かに重いサイトは嫌だ。帰りたくなる。

最近は格安SIMなどの導入があり、通信速度がそれほどでないデバイスを使っているユーザーさんもいらっしゃいます。そういった方に対応できるよう、できるだけサイトを高速化して快適なサービス提供に努めましょう。

そのためのプラグインが以下の4種です。これらがあなたのサイトを高速化する助けになってくれるでしょう。

Lazy Load

no image

ひつじくん
画像の読み込み範囲を制限すると、サイトは劇的に速くなるよ!
おおかみくん
そんなことができるのか!

Lazy Loadは画像の読み込みを見える範囲だけにすることで、サイトの読み込み速度を速くするプラグインです。

通常、サイトを読み込む際には全ての画像を読み込んでから表示するので、画像が多いと表示速度がどうしても遅くなってしまいます。

しかしLazy Loadを使うと、ユーザーに見える範囲の画像だけ読み込んでくれますので、サイト表示速度は随分と速くなるはずです。高速化を考えるなら、まず最初に入れておきたいプラグインですね。

EWWW Image Optimizer

ewww

ひつじくん
画像圧縮はEWWW Image Optimizerが一括でやってくれるよ!

EWWW Image Optimizerは、WordPressにアップロードされた写真を圧縮してくれるプラグインです。

写真は分かりやすいコンテンツを作るには必須となってきますが、それと同時にサイトを低速化させてしまうデメリットを持っています。

そんなデメリットを軽減してくれるプラグインの1つが、EWWW Image Optimizerというわけですね。

これからアップロードする写真は自動で圧縮されますし、これまでアップロードした画像でも一括圧縮することが可能というのも嬉しい点です。ぜひインストールをしておきましょう。

Autoptimize

auto

Autoptimizeを使うと、HTML/CSS/JavaScriptといったコードを圧縮して高速化を促してくれます。

WordPressはHTML/CSSなどのコードを読み込んでサイトを表示させるのですが、当プラグインはそれらのデータを圧縮してくれるので読み込みやすくなり、サイトを表示させる速度が速くなるというわけですね。

おおかみくん
なるほどなるほど・・・
ひつじくん
これはインストールするだけでそのまま使えるから、難しいこと考えなくても大丈夫だよ!

基本的に設定不要で使っていけるプラグインなので、ぜひ活用して見てください!

WP Super Cache

wp super cache

WP Super Cacheは、「キャッシュ」を利用して、WordPressがページ出力する時間を短縮するプラグインです。

キャッシュとは一度アクセスしたサイトのデータを一時的に保管し、次回より同じページにアクセスした際の表示を速くする仕組みです。つまりかなり大雑把に言えば、Aさんが見たサイト情報を、Bさんに使い回すといった処理をすることで読み込み速度をあげる手法です。

このようにしてキャッシュすることで本来必要な処理がショートカットされ、サイト表示速度がかなり速くなります。

おおかみくん
必要な処理をショートカットするのか!!!
ひつじくん
そのぶん不具合が出やすいから、バックアップを取った上で注意して使わないといけないけどね。

ただこのキャッシュプラグインを使うと、記事を修正しても画面上に反映されてなかったり、ユーザーからのコメントが反映されなかったりします。これはキャッシュ(Aさんの見た情報を、Bさんへ使い回しといった処理)をしているので、ページが更新しても反映されないというのは当然ですね。

そのため、サイトを更新するたびにキャッシュプラグインをon/offしないといけません。そういった点には十分注意した上で利用するようにしてください。

まとめ

WordPressおすすめプラグイン

WordPressプラグインのおすすめまとめでした。

ここで紹介したプラグインは本当に最低限必要なものばかりです。WordPress初心者の方にはちょっと難しそうに感じたかもしれませんが、必要そうなものは1つずつ導入していっていただけたらと思います。

おおかみくん
まずは必要そうなものから入れていくぞ!
ひつじくん
他にも便利なプラグインはまだまだあるけど、今回は絶対入れておきたい10選だけにしておくね!

また同時に、ここで紹介したプラグインはほんの一部です。たくさん入れればいいというものでも決してありませんが、まだまだ便利なプラグインが世の中にはたくさん存在しますので、適宜ご自身で調べながら導入を進めていってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で