アクセストレードの公式ページ

僕がメインで利用しているのが大手ASP「アクセストレード」です。

アクセストレードは2001年からあるASPの老舗で通信系・ゲーム系が特に豊富なのが特徴です。その他のジャンルもなかなかに充実しており、再訪問期間が一律90日と長いのもおすすめポイントです。

アクセストレードの特徴

アクセストレード

  1. 通信系、ゲーム系に強い
  2. 90日の再訪問期間あり
  3. ステージ制度あり
  4. nofollowのアフィリリンク
  5. アフィリエイト大学がとても役立つ

通信系・ゲーム系に強い

アクセストレードは通信系・ゲーム系に特に強いASPだと言えます。

僕の場合だと格安SIMを扱っているのでアクセストレードはかなり重宝していますし、他にも「WiMAX」「光回線」などの通信案件が多数あります。また、他のASPにはないような「モンスターハンターフロンティアG」「シャドウバース」などのオンラインゲーム案件まで揃っているのが特徴です。

もちろん、一般的なジャンルの案件も多数ありますので、これらのジャンルを検討されていない方でも登録しておく価値は十分にありますよ!

再訪問期間が90日!ASPの中でも最長

アクセストレードでは一律で90日の再訪問期間が設定されています。

再訪問期間とは広告をクリックしてからクッキーが効いている期間のこと。一度LPを離脱されたとしても、この期間内にまた戻ってきて商品購入をしてくれたら報酬にしてくれるんです!

おおかみくん
再訪問期間すげーーー!!!

ASPによって再訪問期間は30日・60日・90日とマチマチなのですが、その中でもアクセストレードは最長の再訪問期間を持っているので報酬が発生しやすいくなっています!

再訪問期間の比較

  1. A8.net:30〜90日
  2. アフィリエイトB:60日
  3. アクセストレード:90日
  4. バリューコマース:60日

ステージ制度がある

アクセストレード ステージ制度

ひつじくん
アクセストレードにはステージ制度というものがあるよ!

アクセストレードには報酬額に応じて特典を受けられる「ステージ制度」というものがあります。

過去3ヶ月の確定報酬をもとに、ビギナー/アマチュア/セミプロ/プロ/マスター/トップマスター/レジェンドといった風にランク分けをされるのです。

このステージによって、デバイス比率・サイト売上ランキング・クリック率上昇ランキング・CVR(承認率)・EPC(1クリックあたりの報酬期待値)などのデータ開示を受けられるようになっています。

おおかみくん
ほほう。そんな特典が得られるのか!

アクセストレードではマスター(3ヶ月で50万)まで行かないとCVR/EPCがわからないので少し大変です。しかし、プロ(3ヶ月で15万〜)で「サイト売上ランキング」「クリック率上昇ランキング」をチェックできるので、案件需要などの把握がしやすいのがメリットですね。

nofollowのアフィリンク

ひつじくん
アクセストレードのアフィリエイトリンクには、nofollowがデフォルトで付いているんだよ!

これは地味なポイントですけれど、アクセストレードのアフィリエイトリンクにはnofollowという属性が付けられています。

nofollowというのは、簡単にいうと「リンク先に評価を与えない」という意味です。nofollow属性が付いているリンクはGoogleの”クローラー”がその先を辿らないようになります。つまりは外部リンクへ評価を与えず、自分のサイトの評価だけを高めてくれるように工夫できるということですね。

このnofollow属性がデフォルトで付いているのがアクセストレードのリンクです。なのでSEO上でも少し優位に立ちやすいとも言えるでしょう。

おおかみくん
ふむぅ。リンクにもそんなメリットがあるのか。

アフィリエイト大学が凄い!

アクセストレード アフィリ大

アクセストレードには「アフィリエイト大学」という初心者支援コンテンツがあるのですが、これが初心者〜中級者のアフィリエイターにはこのコンテンツが非常に役立ちます。

特に河井大志さんのアフィリ論は、サイトの育て方/キーワードの狙い方などを始め、初心者アフィリエイターが絶対に知っておきたい情報が揃っています。ベテランアフィリエイターの生の声が初心者向けに書かれているので参考になること間違いなしです。

おおかみくん
これは頼もしい!

まとめ

アクセストレード

アクセストレードは通信系/ゲーム系を始め、様々な案件が揃っている良ASPです。管理画面も使いやすいですし担当さんは親切だし、僕としてはとても満足いっているASPですね。

初心者支援コンテンツも強力で、登録しておいて絶対に損はないASPだと言えるでしょう。