キーワード

おおかみくん
そういや「キーワード」ってよく聞くけど、あれはいったいなんなんだ?

アフィリエイトには様々な知っておきたい用語があるのですが、この記事ではその中の基本中の基本である「キーワード」という言葉についてお話をしていきたいと思います。

キーワードとはそもそも何なのか、キーワードを意識するとどのようなメリットがあるのか、キーワードの選定方法はどういったものなのかといったことについてお話をしていきましょう。

\簡単に美しいブログが作れるテンプレート/

atlasバナー

キーワードとは?

グーグル検索画面

ひつじくん
キーワードっていうのは、検索エンジンで調べる時の単語のことだよ!

キーワードとは検索エンジン(Google、Yahoo)で調べる時に使う単語のことを指しています。

例えばアフィリエイトについて調べたい時はなんとGoogleに打ち込みますか?

「アフィリエイト」「アフィリエイト 仕組み」「アフィリエイトとは」「アフィリエイト 稼ぐ」「アフィリエイト やり方」といった単語を打ち込んで検索をかけるのではないでしょうか?これらがすべてキーワードです。

キーワードに合わせて記事を作るべし!

SEO対策

おおかみくん
キーワードだから、、なんだっていうんだ?
ひつじくん
これらの単語でユーザーは調べるんだから、それに合わせて僕らも記事を作ってあげるのが効果的なんだよ

ユーザーはキーワードを使って記事を調べてきます。なので、僕らアフィリエイターも記事の中にキーワードを埋め込んでおくべきなのです。

例えば、「アフィリエイト 仕組み」という単語で検索するユーザーを捕まえたいのなら「アフィリエイト 仕組み」というキーワードを、タイトルもしくは文中に入れておく必要があります。

【徹底解説】5分で分かるアフィリエイトの仕組み

今日はアフィリエイトの仕組みについて詳しくお話をしようと思います。

アフィリエイトとは…(中略)

以上がアフィリエイトの仕組みでした。とっても簡単ですね!

このようにタイトル中/記事中にキーワードを含ませて書いてあげましょう。

そうしなければ、いくら記事の中でアフィリエイトの仕組みを説明していても、ユーザーは僕らの書いた記事を見つけることができませんからね。

おおかみくん
なるほど。意識してキーワードを入れておけば、狙ったユーザーを捕まえてくることができるのか。

キーワードには種類がある!

ビッグワードとは?

ひつじくん
あとキーワードには種類があるんだよ。ビッグワード/ミドルワード/スモールワードというやつだね。
おおかみくん
また訳のわからん単語がでてきたぞ…

キーワードにはビッグワード、ミドルワード、スモールワードという種類があります。ザックリ言うと↓のような感じですね。

  1. ビッグワード:誰もが連想する検索数の多いキーワード
  2. ミドルワード:ビッグとスモールの中間
  3. スモールワード:ターゲットの絞られたキーワード

大きく稼げるけど強敵揃いな「ビッグワード」

ビッグワードとは検索ボリュームの多いテーマワード単独(もしくはテーマ単独+α)のことです。例えばこんな感じ↓

  1. テーマワード単独:脱毛、青汁、クレジットカード、水素水…
  2. テーマワード+α:「脱毛 口コミ」「青汁 おすすめ」「クレジットカード 比較」

このビッグワードでサイトを上位に表示させるのはかなり難しいんです。

例えば「毛が濃くなってきたから脱毛したいな〜」と思ったら何て検索しますか?「脱毛」「脱毛サロン おすすめ」「脱毛サロン 比較」「脱毛 デメリット」といったキーワードで検索しません?

つまり「脱毛」というビッグワード単独か、「脱毛+α」で検索をされることが多いってことです。これらのキーワードで上位10位に入れば、アクセスをドッと集めることができるので、報酬ががっぽり貰えるというわけです。(月に100万以上も十分に狙えます。

おおかみくん
なるほど、ビッグワードは凄く稼げそうだな。じゃあ尚更ビッグワードで狙う方が良くないか?
ひつじくん
ビッグワードはその分かなりの強敵ぞろいだし、後から参入した人はよっぽどサイトを育ててからじゃないと勝てないよ。

ビッグワードを狙おうとしても上位には企業レベルで取り組んでいるサイトもあるので、それらを薙ぎ倒すのはかなり至難の技です。なので、アフィリ初心者がビッグワードを狙って攻めるのはおすすめできません。

おおかみくん
なるほど…確かに会社ぐるみの奴らや古参の奴らにはなかなか勝てる気がしないな。

強豪を避けられる「ミドルワード」を狙ってサイトを作れ!

おおかみくん
…じゃあ脱毛では戦えないのか?
ひつじくん
いや、ビッグワードを避けてやればまだまだ戦えるポジションはあるはずさ。それがミドルワードだよ。

先ほどのビッグワードは激戦区ですが、直接対決を避ければ十分に戦える場所もあります。それがミドルワードです。

「ミドルワード」とは一定の検索数があり、少しターゲットの絞り込まれたワードです。脱毛を例にとって言えば、ミドルワードは「Vライン脱毛 おすすめ」「キレイモ 評判」「ミュゼ キレイモ 比較」といった検索ワードです。「脱毛」での直接対決を避けて、もう少し深く話をすすめた感じですね。

また、ビッグワードでは「脱毛+α」でターゲットがかなり漠然とした感じでしたが、ミドルワードではある程度ターゲットが絞られます。

  • 「Vライン脱毛 おすすめ」→Vライン脱毛がしたい人
  • 「キレイモ 評判」→キレイモに興味がある人
  • 「キレイモ ミュゼ 比較」→ミュゼとキレイモで迷ってる人
  • といった具合に、ある程度ターゲットを明確にしてサイトを作ることができます。

    ターゲットは明確な方が成約率は高まります。例えばミュゼかキレイモで迷ってる人が「ミュゼとキレイモ、どっちも試した私が2つのサービスを比較してみる!」という記事をみたら「あ、私のための記事だ!」と思ってがっつり見てくれるはずです。

    このように超強豪を避け、ターゲットを絞って勝負ができるのがミドルワードの特徴です。その分、ビッグワードよりは収入は落ちてしまう傾向にありますが、、アクセスされた時の成約率は高いです!

    おおかみくん
    なるほど、直球勝負じゃなくて変化球で勝負するのがミドルワードってわけか!

    意外と穴場?「スモールワード」

    ひつじくん
    敢えてスモールワードを狙って書くのもおすすめだよ。検索される量は少ないけど、敵が少ないから上位表示しやすいし成約率も高いんだ

    検索ボリュームは少なめだけど、敵が少ない上にターゲットがハッキリしているので報酬につながりやすいのがスモールワードの特徴です。

    先ほどのミドルワード(キレイモ 評判とか)よりも、もっともっと具体的な内容で狙っていくということですね。

    おおかみくん
    …ちょっとまた脱毛の例で説明してくれないか?

    では、また脱毛を例に取ってお話をしてみましょうか。

    例えば「花嫁姿を綺麗に見せたいから結婚式までに脱毛したい人」がいたとしましょう。この人はどういったキーワードで検索すると思いますか?

    「脱毛 結婚 間に合う?」とか「ブライダル 脱毛」とか「全身脱毛 結婚まで」とかで検索しそうですよね!

    そんな人が「花嫁姿を綺麗に見せたい!結婚式の直前でも間に合う脱毛サロンは?」という記事を見つけたら思わず飛びついて食い入るように見てくれるはずです。さらにちゃんとした内容の記事が書かれていたら、かなりの確率でサービスを使ってくれるでしょう。

    このように、ターゲットをかなり明確にイメージして記事(サイト)を作ると、一部の読者さんの心にグサリと刺さるものになります。そんな記事なら、少ないアクセス数でも多くの契約を勝ち取ってきてくれる可能性が高いです。

    おおかみくん
    なーるほど。ターゲットをかなり絞って記事を書くと少ないアクセスでも報酬が狙えるわけか!

    そういうことです。スモールワードなら強豪を避けて戦える上に、上位表示もしやすく、見てもらえた時の報酬も大きいです。だからこういったキーワードを狙って記事を書くのも十分にアリですよ!

    月5万を達成するためのキーワード選定方法

    ビッグワードとは?

    おおかみくん
    で、結局どのキーワードから狙っていけばいいんだろうか…?

    ひつじくん
    最初はミドル〜スモール狙いでアクセスを集めてこられるようにしていけばいいと思うよ!

    アフィリエイトで月5万を達成するなら、まずはミドル〜スモールワード(ロングテール)を狙って記事を作っていくことをオススメします。

    ミドル〜スモールワードは競合が比較的弱いところもあり、まだまだ上位表示できるチャンスが転がっています。そこで、サイト開設直後のうちはミドル〜スモールワードを積極的に狙って、アクセス数を稼いでくることを狙いましょう。

    ではそのミドル〜スモールワードというのはどうやって見つけていくのかをご紹介しましょう。

    サジェスト機能で需要のあるキーワードを探す

    サジェスト機能

    需要のあるキーワードを簡単に把握できるのがGoogleの「サジェスト機能」です。

    サジェスト検索とはGoogleが関連するキーワードを予想してくれる機能のこと。例えば「アフィリエイト」というキーワードを入れると、「アフィリエイト やり方」「アフィリエイト 稼ぐ」「アフィリエイト ブログ」といった予測キーワードを出してくれていますよね。

    これはつまり、アフィリエイトという言葉とセットでこのような検索ワードがよく調べられているということで、以下のような悩みを持ったユーザーが多いということがわかります。

    1. 「アフィリエイト やり方」アフィリエイトのやり方を知りたい
    2. 「アフィリエイト 稼ぎ方」アフィリエイトの稼ぎ方を知りたい
    3. 「アフィリエイト ブログ」アフィリエイトをブログでできるのか?

    したがってこれらのキーワードをタイトルに含ませてあげると、多くの読者に読まれる売れる記事になりやすいということです。

    キーワードプランナーで具体的なボリュームを把握

    サジェスト機能で狙うキーワードの当たりをつけたら、次は「キーワードプランナー」を使って具体的な検索ボリュームを測ってみましょう。

    検索ボリュームとは「1ヶ月のうちに何回そのキーワードが調べられているのか」という数字を示しています。この数字が多いキーワードほど需要が高いキーワード(=顧客がよく悩むポイント)、数字が小さいと需要の少ないキーワード(=悩む人は少ない)ということです。これを簡単に調べられるのがキーワードプランナーというツールなのですね。

    ただ、検索ボリュームが大きければ大きいほど良いというわけでもありません。検索ボリュームが大きいキーワードというのはそれだけ競合も恐ろしく強いので勝ち上がることは難しいですし、抽象的な浅い悩みを持ったユーザーばかりが集まりやすいのです。

    そのため、できれば検索ボリューム100〜1000程度のスモールワードか、1000〜10000程度のミドルワードを狙っていきたいところです。このようなワードを狙って行ったほうが競合が少ないので上位表示が比較的楽ですし、深い悩みを持った購買意欲の高いユーザーを捕まえて来やすいのです。

    「キーワード」についてのまとめ

    SEO対策
    アフィリエイトの超基本、キーワードについてでした。

    ユーザーはキーワードを使って悩みの解説策を調べてきますので、僕らアフィリエイターはそれに合わせて記事の中にキーワードを含ませてあげましょう。そうすれば、きちんと狙ったユーザーを引き込んでくることができますよ!

    もし需要のあるキーワードがわからなければ「キーワードプランナー」などのツールで特定できます。

    ただし、そのキーワードで上位表示できるかはまた別です。アフィリ初心者で上位表示を狙うならミドル〜スモールワードという”検索数は少ないけれど需要のあるキーワード”を狙って記事を書いていくのがベストですね。

    ちょっと難しい言葉も出てきたので混乱したかもしれませんが、ひとつひとつ用語を整理して少しずつ理解を深めるようにしてくださいね。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter で